時間がない人のための家庭用脱毛器選びは連射機能ありを選ぶと◎

家庭用脱毛器

 

ずーっと同じことやってると飽きちゃうから効率よくパパっと終わらせたいな~

家庭用脱毛器ってすごく便利なんですけど、同じ処理を続けていると疲れたり飽きちゃうときもあるんですよね。
というのも強い光が出るのでテレビ見ながら片手間に~とはいかないものが多いからです。
(撮影している動画などがあるので大丈夫と思いがちですが、目は絶対に保護しましょう!!)
広い箇所なんかを長くやっていると腕も疲れてきちゃいますし、効率よくできるものがあるとうれしいですよね。
今日はおうちでの脱毛をぱぱっと終わらせることを機能の面から見てみたいと思います。

 

効率を重視したい!家庭用脱毛器の連射機能って大事?

 

家庭用脱毛器には連射機能や待機時間が短くほとんど連続と言っていい使用ができるものが存在します。
上位機器にはこの機能がついていますが、比較的安価な機種では待機時間が長くなったりそもそも連射ができないものが多いのです。
連射の方法は機種によって違うのですが、どの機種も大体6~10連射を20秒前後で行えるようになったいます。

 

連射ができると何がいいの?

 

連射ができることで当然時短になります。
またできるだけ肌を傷つけずに処理を進めることにも一役買ってくれます。

・時短
・肌を傷つけない

 

時短

まず何と言っても時短です。
安い脱毛器を使っていたころの次の照射までの間隔は大体3,4秒。

「秒でしょ?」

と思うかもしれませんが、広い箇所の処理をやり始めるとこれが結構気になっています。
また基本的に肌に密着していないと照射できないため、ちょっとでもセンサーがずれると照射できずに悪戦苦闘するということも…
(密着しているはずなのに照射できないときもあるんですよ…)
連射機能を備えた機種は基本上位機種になるのでセンサーも高性能。
時短効果は◎です。

 

肌を傷つけない

 

どの機種も5段階・10段階のフラッシュ強度の調節ができますが、レベルが上がるとそれだけ肌に対する影響力も大きくなります。
とはいえ痛みに耐えられるのであれば早く終わらせたいので高レベルで照射したい人が多いですよね。
そこで連射機能が役に立ちます。
レベルを下げて近い箇所を連射処理することで肌への影響を軽減することができるということです。
公式サイトなどを読んでいると肌への影響力は 強い光1回の照射>弱めの光数回の照射 とのこと。
時短しつつ肌への影響も抑えつつなおかつ効果も確保したい!
と言うわがままな願望もかなえてくれそうです♪

 

機種別の連射機能

 

このサイトでおすすめしている4つの家庭用脱毛器の連射機能の概要は以下の通りです。

ケノン:3連射、6連射を選択可
光エステ 長押しで10連続照射;照射間隔:約1.4秒
ルメア:長押しで連続照射;照射間隔:約2秒
シルクエキスパート:長押しで連続照射;照射時間約:0.5〜1秒

 

連射機能だけ考えた場合の使い勝手の良さはケノン以外の3種類ですかね。
ケノンがはじめに連続照射モードを選んでからの使用なのに対し、他の3機種は長押しで連続照射できます。

 

連射ができてショット数がほしい人(カートリッジ多数あり)→ケノン
連続照射ができてショット数もそこそこほしい人(40万発)肌が心配な人→シルクエキスパート

ショット数はそれなりでOKな人は他の2種と言った感じでしょうか。

 

まとめ

 

今回は連射機能を中心にまとめてみました!
連続照射を考慮した場合総合力でシルクエキスパートが圧倒的ですね。
特にこの機種はフラッシュ強度もかなり柔軟に選べるので、このサイトでは肌が弱くて脱毛を迷っている人に試してもらいたいなと思っている機種でもあります。
長押しの連続照射ができないケノンはここでは弱いですが、種類豊富なカートリッジがある点ではほかにない強みもあります。
残り2点は海外製と日本製に分かれましたが、照射間隔の短さではパナソニックに軍配が上がりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました