初めての家庭用脱毛器!-サロンや皮膚科があるのにどうして選んだの?-

家庭用脱毛器

脱毛を考えた時、真っ先に思い浮かぶのはサロン脱毛だと思います。
両ワキ・Vラインワンコインみたいなキャンペーン広告をよく見かけますよね。
次に皮膚科での脱毛、永久脱毛を考えた時に出てくる選択肢だと思います。
どちらもプロがやってくれて、リーズナブルなキャンペーンもある中、どうして私が家庭用脱毛器を選んだのか?
今回はその理由を書いていきたいと思います。

 

サロン・皮膚科・家庭用脱毛器のメリットとデメリット

 

この3つから候補を絞るうえでまず最初に基準になるのが

 

「永久脱毛したいかどうか?」

 

だと思います。
「永久脱毛したい」となると現実的には基本的に皮膚科の医療脱毛一択になるかと思います。
「処理が楽になるだけでもいいよ」というひとはサロンや家庭用脱毛器で十分かなと。

 

メジャーな光脱毛器は一度処理すると2~3ヶ月放っておける&生えてくる毛も細くなるといった状態で、永久脱毛せずともこれまでの処理に比べると格段に楽になります。
これはサロンでも、やや出力の弱い家庭用脱毛器でも同じです。
サロンか家庭用脱毛器かは細かいニーズでどちらを選ぶかにより変わってきます。

 

永久脱毛なら皮膚科での医療脱毛。でもほんとに必要?

 

皮膚科脱毛といえば「超・絶・痛い!」でおなじみです。爆
私の友人も、サロンで最初に説明してくれたお姉さんも最初は皮膚科脱毛からスタートしたそうですが「もう思い出したくない」と口をそろえて言っていました。
サロンのお姉さんに至っては説明しながら鳥肌が立っていました。汗
それくらい痛い医療脱毛、果たしてそこまでして永久脱毛する必要があるだろうか?
と個人的には思ってしまいます。

 

例えばモデルさんであったり、芸能界を目指している方、美容関係の方の中には必要な方もいると思います。
美意識が高いけどお忙しいという方も、医療脱毛は確かに確実かもしれません。
でも「どうしても永久脱毛が必要!」という方でない限りは、サロンや家庭用脱毛器で十分な効果を得られると思います。

 

本当に永久脱毛が必要ですか?
それとも例えば夏の間だけツルスベで後は今より楽になれば構わないというような脱毛を求めているのか…
医療用脱毛を選択肢に入れる際はそのあたりをポイントに考えてみてください。

 

サロン脱毛は安心だけど時間がかかり過ぎちゃう

 

初めての脱毛にハードルが低いのがサロン脱毛だと思います。
私も、両ワキ・Vラインワンコインキャンペーンでミ〇ゼからスタートしました。
ですが徐々に通わなくなっていってしまいました。

 

理由は毛周期に合わせた脱毛ということで、同じ個所には2か月以上開ける必要があること。 これのデメリットは「毛周期がもう少し早い箇所も一律その期間開ける必要がある」ことだと思います。
ほぼ脱毛完了までに12回以上とは聞いていたのですが、単純計算しても2年はかかる計算になります。
また各サロンごとに料金体系や回数のルールも複雑なので、あんまりそのあたり細かく考える時間がない!と言う人は損してしまう可能性も…。
私が感じたメリットとデメリットは以下の通り。

 

サロン脱毛のメリットとデメリット

メリット

・最初のハードルが低い
・痛みが少ない
・プロにお任せ&サポートがある

 

デメリット

・料金体系がわかりにくい
・時間がかかる(完了までに約2年)
・予約が取りにくい
・前処理が甘い(剃り残し等がある)とその箇所を脱毛してもらえない場合あり

 

 

サロンがおすすめな人

・痛みが苦手で、あまり急いでいない人。
・背中脱毛を考えていて家族に手伝ってもらえそうにない人
・美意識の高いひとをまじかで見たい人

 

2点目は直接脱毛に関係ありませんが、サロンには店員さんを含め女子力の高い人が集まってきます。
総合的に女子力の高い空間で自分を磨きたい!という方にもサロンはおすすめかなあと思います。

 

サロン選びで損をしないために!

・料金体系がわかりやすいサロンを選ぶこと。
・サポート&アフターサービスががしっかりしているサロンを選ぶこと

 

例えば月額○○円というサロンでも毎月脱毛ができるとは限りません。
そんな場合はまず実際にワンコインキャンペーンなどでしばらく通ってみてサロン脱毛のリズムをつかんでから様子を見るのも手です。(やはり時間はかかりますが…)
最近は減りましたが勘違いさせるような広告も一時期かなり出回っていましたので、安さにつられてサロンを決めてしまわないように注意してください。
また、何かトラブルが起きた時のサポート体制はどうなっているかについても確認しましょう
例えばミ〇ゼの場合は「何かあったら必ず私たちが付き添って病院にお連れします!」と力説されました。
どの程度安心感を求められる会社かもサロン選びのポイントになると思います。

 

家庭用脱毛器を選んだ理由とおすすめな人

家庭用脱毛器がおすすめな理由

機能面

・弱い出力のものでも一定の効果が出る
・サロンに近い出力のものも存在する
経済面
・一回こっきりの値段でショット数数十万発
・各部位の毛周期に合わせて処理できる
・サロンに通っても無駄にならない

 

この5点です。

 

経済面で挙げた各部位の毛周期に合わせて処理できるの部分。
脱毛の際よく言われるのが「毛周期に合わせて脱毛しないと意味がない上、肌を傷つける可能性がある」ということです。
この毛周期、部位によって異なるのですが、サロンでは大体2か月で統一されています。
しかし部位によっては1か月~1か月半ほどの部分もあるので、各部位の毛周期に合わせて処理ができることが家庭用脱毛器の強みと言えます。
よってサロンに通いながらでも、「一部毛周期の早い部位は自分で」という使い方ができたりします。

家庭用脱毛器のデメリット

・背中や手の届きにくい箇所の処理を一人でできないこと
・トラブルの際専門家がいないこと

 

家族や友人に手伝ってくれる人がいる場合、かなり自由度が得られる脱毛方法になります。
ただトラブルが起きた際、近くに専門家がいないため「皮膚科にお世話になる可能性もある」ということは頭の片隅に置いておいた方がいいです
怖がらせるつもりはありません…安全に設計されているものですし、念のための注意です。
大切なのは
きちんと説明書を読んで使い方を守ること、目をしっかり保護すること!
それだけでサロンと変わらない効果をリーズナブルに得ることができるのでお得です。

 

家庭用脱毛器がおすすめな人

・処理が楽になれば永久脱毛でなくてもいいという人(サロン派さん)
・痛みが苦手なひと
・産毛や指など細かい場所の脱毛もしたい人
・先のスケジュールが読みにくいor忙しくて通えないという人
・あまり人に見られたくない人

 

最後の「あまり人に見られたくない」も結構悩みとして挙げられる部分だと思います。
相手がいくらプロだといってもわきやデリケートゾーンみられるの嫌だという方もいると思います。
単純にたまたま予約日が人に会うのがしんどくて仕方ない日なんてこともあります。
「こんなときにキラッキラした女子たちの巣窟になんか行けない…」という気分の日もあるでしょうし、そういう心配がある方にもおすすめです。

 

 

家庭用脱毛器、効果に関してはあんまり心配しなくて大丈夫!

 

家庭用脱毛器の場合の心配事は「本当に効果あるの?」と言うことだと思います。
これに関しては、ほとんどの人にとってほんとに心配しなくていい部分です。

 

というのも私自身先に安い光脱毛器を試して効果を確信したからです。
私が初めて使った光脱毛器はコスビューティーのIPL美容器の廉価版でした。
今はもう取り扱いしているお店を見かけませんが、母の話ではもともと2万円前後の商品だったと聞きました。
出力は弱かったですが確かに毛が細くなり、生えてくる頻度が減り、引っ張るとつるりと抜ける毛が増えました。
とはいえメインで使うにはやっぱり心もとなかったのは事実です。

 

サロンとは違い家電だし、心配で手に取りやすい価格のものから試したくなる気持ちはわかります。
でも私と同じように安いのを試してよかったから高いのを…となるとせっかくのリーズナブルさが半減してしまいます…。
「カミソリと比べ物にならないくらいツルツル」
「2,3ヶ月ほったらかし」
「生えてきても気にならないぐらい毛が細くなる」

という部分では十分に機能してくれるので、
家庭用脱毛器を選ぶ場合は遠回りせず高出力のものを選択するのをお勧めします。

 

 

管理人おすすめの家庭用脱毛器3選

 

ケノン

日本製のカートリッジ交換式高機能光脱毛器です。
2019年最新機種は他を圧倒する出力&ショット数(300万発)で全身丸ごと脱毛できてしまいます!
日本製なので日本人の肌に合わせて設計されているのが安心ポイント。
公式サイトで購入すると特典や保証も多いためおすすめ♪

フィリップス ルメア アドバンス

ひげ剃り器でおなじみのフィリップスから、アタッチメントが豊富な家庭用光脱毛器です。
身体用、顔用、ビキニライン用と必要なアタッチメントが付属されています。
海外製なのでどの肌の色にも合うように作られていて、特にかなりディープに日焼けされている方や色黒さんにもおすすめです。
(肌の色が濃いと照射できない脱毛器もあります)
連続照射機能あり。

パナソニック 光美容器(シルバー調) Panasonic 光エステ(ボディ&フェイス用) ES-WP81 限定モデル

言わずと知れたパナソニックの光脱毛器です。
こちらも顔・からだ・ビキニラインと3つのアタッチメントを兼ね備えたタイプ。
色白さんから日焼け肌さんまでは安心して使えますがディープな肌色には使用できないようになっているので要注意です。
こちらは充電式で1度の充電で最大約600回まで使用可。
連続照射機能あり。
(上位モデルになるほど連続照射の待機時間が短くなります。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました